News

*コメントは下方のLINKSからBBSにお願いします
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 血液検査 | main | 長寿動物表彰式 >>

精密検査

IMG_7668.JPG

週明けの9月4日、主治医の先生を通してお返事がありました。

予約が混んでいる為、11日午前10時30分からという事になりました。

この一週間でミスティの肝臓が急に悪くなる事はないのだろうか?と、とても心配しながらのなが〜一週間でした。

 

朝9時前にミスティを乗せて出発!!

途中ジャズ姉をpickupして、高速に乗り1時間強、少し早めに到着。

受付を済ませ2階へ。

5〜6組の患者?さんが待っていました。

調度10時半ころ呼ばれて診察室へ。

2年ぶりのS先生との対面。(3名の研修医さんと1名の助手の方が同席しました)

8月の体調不良の事からお話を始めました。

2年前のカルテを見ながら診察結果の確認。

今回の検査の説明(レントゲン撮影の後麻酔をかけてCTを撮る)

ミスティを置いて退室。

ミスティはストレッチャーに乗るのを嫌がるので歩いてレントゲン室まで行ったそうです(お手間をおかけして申し訳ございません<(_ _)>)

 

どのくらい時間が経過したか、S先生が呼びに来られて「今酸素室に入っています」と。

もうビックリしました!!

ミスティをレントゲン撮影の為に診察台の上に仰向けに寝かせて撮影を始めたらパニック起こして呼吸困難になったそうです。

舌もチアノーゼが出たので酸素室に入れて元にもどるのを待っているところだという事でした。

2年前も同じ事をしましたが何の問題もありませんでした。

とりあえずほっとしました。

ただこの状態で麻酔をかけてまでCTを撮ることは今日は選択しない方がよいのではないかと提案がありました。

もちろん同意です。

呼吸が落ち着いたら様子を見ながら、麻酔をかけずに横からCTを撮ってみるという事でした。

「お見せできる様な画像は撮れませんが、大体の事はわかります」と仰いました。

 

待合い室で待っていると再びS先生が。

今度は広いお部屋の奥に酸素室が置かれていて、ミスティが入れられていました。

入室して先生と暫くお話しているとようやく私とジャズ姉にきずき、ソワソワ始めました。

 

検査の結果をお話くださいました。

まず肝臓、すい臓、胆のう。脾臓はとてもきれいでなんの問題もありませんでした。

肺が線維化して少し硬くなってきている為呼吸が浅く、それで息遣いが荒くなるのだろうという事でした。

ただ寝ているときに口を閉じて呼吸も静かなら心配ないとのことでした。

ミスティは寝ているときはとても静かで時々息をしているか心配になるくらいですが、目を覚ました途端ハアハア言い出します。

背骨に変形性脊椎症とみられる症状がありました。背骨と背骨の間にブリッジがかかっています。

ジャズも晩年その症状がみられました。

レントゲン撮影をする時に仰向けで寝かされた時多少の痛みがあってパニックを起こしたのかもしれないとの事でした。

 

次に心臓ですが、2年前は拡張型心筋症の症状が少し見られたが(4歳の時そう診断されて以来心臓の薬を飲み続けています)、

今回は殆どその症状は見られない。

ただ4歳当時のカルテがないので、薬をやめてしまうのはリスクがある為そのまま続けることになりました。

心筋症が治ってしまう事があるなんて!!

 

血液検査の結果

ALT(GPT)1000以上→179IU/ℓ

CRP    3.5mg/dl→0.54mg/dl

一番心配だった数値が下がっていました。

ALTは時には風邪でも上がることがあるそうですが、今回の1000以上はやはりかなり高めで何かが起こっていたとしか考えられない

という事でした。食べてはいけないものを食べて中毒症状を起こしてたとか…

35項目中5項目数値が高めのものもありましたが、突出した数値ではないので特に問題ないそうです。

おでぶちゃんですが血糖値も上々でした。

 

病院に向かう朝、車の運転中、検査を待っている間、とても気持ちが重く、「何か重大な事があったらどうしよう」と思っていたので、急に緊張の糸が切れて涙が溢れました(もちろんジャズ姉もです😢)

そして今日検査に来て本当に良かったと思いました。

とてもシャイな先生が最後に一言「ミスティちゃんの旅もまだ続きますから、(とここまで聞いて「わー、なんていい事言って下さるのだろう!」と目が・になった瞬間)飼い主さんも心を鬼にして少しダイエットさせましょう!!(え〜、そこですか!!)」ですって(>_<)

 

お話が終わると先生が酸素室のロックを開けると、今まで遠慮気味にキャンキャンないていたミスティが私たち目掛けて飛び出して

きたので、また息が上がってしまいました。

しんぱいした先生が「待合室で少し休憩して息を整えて下さい。また様子を見に行きますから」と仰って頂き、部屋を出ました。

廊下で先生がミスティの様子を見ながらお見送りしてくださっていると、ミスティが急に立ち止まってトコトコと先生のところまで戻って行き、何か訴えているように先生をジ〜ッと見上げていました。

先生に「ありがとう!」と言いに行ったのか「よくも痛いことしてくれたわねぇ!」と言いに行ったのかは定かではありません(笑)

帰りは午後3時ころになりました。

ミスティは車の中であまり飲み食いさせないほうがいいと先生に言われていたので、少しだけおやつを食べて牛乳を飲むとアッという間に寝てしまいました。

ミスティ、本当にお疲れさまでしたね。怖かったね、不安だったね!!

帰り道は気分も軽く、あっという間にジャズ姉のマンションに到着。

ふたりで暫く幸せ感に浸っていました♡

 

ミスティは帰宅後鶏スープを飲んで夜中まで一気に寝ました(^^♪

 

ミスティ、これからは毎月血液検査するよ(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

- | - | -