News

*コメントは今まで通りBBSにお願いします
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 思わぬうれしい贈り物🌸 | main |

再び大阪城へ

 

IMG_7288.JPGIMG_7279.JPG

IMG_7282.JPGIMG_7273.JPG

ジャズのお誕生日(3月11日)もミスティのお誕生日(4月2日)にも大阪城に行けなかったので、今日はまた久しぶりに大阪城に行って来ました。

車でしばらく走って大阪城に近づいてきた頃、後部座席で寝ていたミスティが匂いに誘われて目を覚まし、顔をあげてクンクン。

もう立ち上がって窓から顔を出したりしませんが、やはりおばあちゃんになっても嗅覚は健在です。

 

満開を過ぎて、桜吹雪の舞う風情のある川沿いの桜並木があったのでミスティの気の向くままにお散歩することにしました。

ところが、しばらく歩いたところでなんとミスティが土手の傾斜を半分滑るように、遊歩道の方へ降りて行ってしまったのです。

慌てて追いかけて行こうとしたジャズ姉は情けないことに桜の根につまづき転倒。

スローモーションでこけていくジャズ姉を横目に、結局私は土手を走り降りました。

幸いどちらにもケガはありませんでしたが、相変わらず世話の焼ける2人組なのでした(^_^;)

いつも「ちゃんと付いてきてる?」とばかりにジャズ姉を振り返って確認していたジャズちゃん。

まだまだ心配かけそうよ。

 

帰りはいつものコースをのんびり歩き、車に戻りました。

ミスティは耳が遠くなってしまったので思い出の場所でかくれんぼは出来ませんでしたが、遊び疲れたように車の中で小さなイビキをかきながら眠る姿を見て、やはり行ってよかったと思いました。

もしかしたらジャズの聴力があまり落ちなかったのは好奇心でいっぱいの性格と、やはり下半身が不自由だった分他の感覚が敏感だったからなのかもしれません。

 

ドタバタはありましたが、そんなミスティの寝姿に至福を感じながら帰路につくことができました。基本的にはお家が大好きなミスティですが、時々こうして楽しい刺激を与えてあげる事がミスティがいつまでも元気でいる為には必要な事なのだとジャズ姉と再確認したのでした。

 

(偶然ミスティの鼻に花びらが乗ったのでパチリ)

- | - | -