News

*コメントは下方のLINKSからBBSにお願いします
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ジャズの後継者 | main | 悲しすぎて >>

待ちに待った必須アミノ酸の新旧交代の日

005.JPG021.JPG
一か月ほどまったサプリメントがようやく届きました(*^^)v

9年ほど前「必須アミノ酸」の効果を取り上げた番組を偶然目にしました。
それは歩けなくなってベッドに寝ているだけの高齢者に必須アミノ酸を毎日食べさせた(服用?)させたところ、数か月後に起き上って歩くまでになったというものでした。
私はTVに釘付けになりました。

必須アミノ酸(BACC)とは筋肉を作るのに大切な役割を担っているもので、体ではなかなか作れないものだそうです。
そしてをれは運動の前後(前の場合は30分ほど前、後の場合は直後)どちらかに飲むと更に効果が期待できるというものでした。
(その商品名は味の素から出ている「アミノバイタル・プロ」です)

その頃はジャズのリハビリの真っ最中で、ジャズの足が少しでも良くなる事があるなら何でも試してみようと思っていたので、早速購入して飲ませ始めました。
ハイドロセラピーをやめてからは太腿の筋肉が減ってしまうのがとても怖くて毎日マッサージをしていましたので、目の前が明るくなった気がしました。
其の成果か確かではありませんが、ジャズの後ろ足は筋肉が落ちる事もなく、車いすには載っていましたが力強く地面を蹴る様になりました。
ある時期はそのまま後ろからカートを抜いても気が付かないで歩くのではないかと思う程しっかり歩く事もありました。
普通下半身が不自由になった子はお尻や太腿の筋肉が落ちて骨ばってしまうのですが、ジャズは最後までお尻も太腿もふっくらしていました。
個体差があるかもしれませんが、私はアミノ酸のお蔭と信じています。

またミスティが4歳の時右後ろ足の十字靭帯断裂を起こし、麻布大学で手術を受けすっかり良くなった1年半後、今度は左後ろ足十字靭帯を断裂しました。
ところが一度目の手術の後ミスティは心臓病(拡張型心筋症)になっていて、今後は全身麻酔での手術はできずこのまま付き合っていくしかないと一度目の執刀医師に言われました。
ミスティの左足の太腿は右に比べて半分くらいの筋肉になっているのがはっきりとわかるまでになっていました。
途方にくれた時必須アミノ酸の事を思い出しミスティにも飲ませてみる事にしたのです。
2か月ほど経った頃ミスティの左後ろ足の腿の筋肉がモリモリとついて右と殆ど変らないほどになっているのに気が付きました。
とてもとても嬉しくて、家で乾杯をしたのを昨日の事の様に思い出します。
それ以来ミスティはどんなに歩いても、走っても何の問題もありません。

顆粒状なのでお水にとかして飲んでいたのですが、今年の春あたりに急にジャズがそれを拒否するようになってしまったのです。
それは柑橘系の味なのですが、それまではジャズは我慢してのんでいたのでしょう。
春ごろからレタスやきゅうり等今まで好きで食べていたと思っていたものを急に拒否するようになっていたのです。
考えた結果ゼリーに包んでのませてみようと言うことになりました。
勿論甘く美味しいゼリーと一緒ですから飲んでくれるようになり、ほっと一安心。

ところがミスティが一人になってからはゼリーも渋る様になり、飲ませるのが大変な毎日でした。
ミスティはジャズより褒めて伸びる子なので「ミスティはお利口さんね。ママがみてるからちゃんと食べようね!」と言いながら
頭をヨシヨシと撫でると渋々ですがちゃんと食べてくれるのです。
そんな時遠くからさんにカプセル状のものがあると教えて頂き早速取り寄せましたが、丁度品切れになっていてアメリカから送ってくるのに時間がかかるとの返事でした。
私とミスティの根競べの様な日々が1ッか月程続きましたが、昨日それがようやく届きました。
勿論カプセルのまま飲むわけがなく(ミスティはとても神経質です)、ささみに挟んでみると(匂いが殆ど気にならない様で)ささみの匂いに誘われて私の手まで食べてしまう勢いです。
まだこの先何年か続くことなので本当にほっとしました。(できるだけミスティにストレスをかけたくないので)

遠くからさん、ありがとうございました。
018.JPG
16:50 ジャズの時間に。
017.JPG
今日はジャズの百か日、大阪城に行ってきました。
街路樹の紅葉もずいぶんと進んでいました。







 
- | - | -