News

*コメントは下方のLINKSからBBSにお願いします
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ミスティの診察・検査結果 | main | 待ちに待った必須アミノ酸の新旧交代の日 >>

ジャズの後継者

011.JPG
今日はジャズの3度目の月命日でした。
もう?まだ?3か月(正確には94日)という時間が流れました。
ジャズの喪失感は薄れるどころか、日増しに強くなっていきます。

大阪城にいきました。
ジャズ姉とミスティと三人で。
やっぱり何か足りません。
前方を見ても、後ろを振り返ってもジャズの姿がありません。
視界に入るのはミスティだけ。

ジャズはここに来ると子犬の時からいつもかくれんぼをしました。
私がビルの大きな柱(一辺が1メートルほどの)に隠れて、「ジャズ! ジャズ!…」と小声で呼ぶと、きょろきょろしながら何本もある柱を次々と見て歩きます。
私も場所を移動していくのでなかなか見つかりません。
やっと見つけた時は両前足をぴょんぴょんさせて飛び上がって大喜びをします。
そして「おかあしゃん、何処へ行ったかと思って心配したよ!!」とでも言っている様に必ずちょっと怒った顔をするのです。

今日はジャズ姉が同じ様にしてミスティを試しました。
ジャズがかくれんぼを居ている時、興味なさそうにちょこまかちょこまかしていたので。
ジャズ姉が隠れたところで私が「ミスティ! ○○ちゃんはどこ?」と言うと、きょろきょろして大慌て。
大好きなジャズ姉の姿が見えないのですからミスティにとっては一大事!!
ジャズ姉も場所を移動しながら「ミスティ! ミスティ!」と呼びます。
そしてようやく見つけると、ジャス姉の足の間に入って両後ろ足を交互に踏みかえて四股を踏む恰好をしたのです。(ミスティはどんな事でも嬉しいとこうします)
「おねえちゃん、ビックリしちゃったよ!」とでも言う様にハアハア言いながら何度も何度も四股を踏みました。

ミスティがまさかこんな事をするとは思っていなかったので、ジャズの後をちゃんと継いでくれていた事に私達は嬉しくて涙が溢れました。
ミスティ! ありがとう(*^^)v
006.JPG008.JPG
また来ようね。
家に帰るとジャズのカドラーでジャズを抑え込みしながらひと休み。036.JPG037.JPG

※上の写真:ジャズの時間にみんなでジャズに想いを馳せました。
- | - | -