News

*コメントは下方のLINKSからBBSにお願いします
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 長い間ありがとうございました。 | main | 愛娘ミスティ  >>

愛娘ミスティ

13日。
ミスティは朝から20回程庭に出たり入ったり。
出たと思うとすぐに戻ってくるのですが、目を見開いてすごい形相で部屋に飛び込んできました。
まるで「ママがいないよ〜!」と言っているかの様でした。
そんな風に見てはいけないのはよく分かっていますが、それ以外にミスティの行動を説明できません。
その行動は日毎に回数が減っていきました。



14日。
部屋にミスティの毛の束が2〜3落ちているのを発見。
ミスティの計り知れない位強いストレスを目の当たりにし、驚くと共に怖くなりました。
毛の束は小さくなりましたが、今(28日現在)も時々落ちています。
この日から夕方の散歩をパパさんに代わってジャズ姉が担当することになりました。ジャズ姉ならミスティも多少自由にできるからです。
すると今まで通っていた道とは反対方向に歩き出して昔行ったことのある公園に行ったり、ジャズ姉が知らない道を通って公園に引っ張って行ったり、ミスティの姉妹のルルちゃんの家の近くまで行ったり(途中でジャズ姉が帰ろうとしてもイヤイヤをして聞かなかったそうです)と日に日に行先を変えてお散歩するようになりました。

初めは「今までは我慢してジャズに付き合ってお散歩していたのかな?」「ママがいなくなって日も浅いから多少の我儘もしかたないかな」などと話していましたが、よくよく考えてみると、そこは全てかつてジャズと一緒にお散歩に行った所だったのです。
そして一度行った所は二度と行かないのです。
ミスティはずっとママを探していたのです。
そうとしか説明がつきません。
一通り行き尽くしたのか、近頃は近くの公園に行ってさっさと帰ってきます。
ミスティなりに受け止め始めているのかもしれません。

またネンネの前のホネホネ(牛革を乾燥してホネ型にしているもの)を食べたらすぐに寝ていたミスティですが、ひとりになってからは寝付くのにとても時間がかかるようになりました。
ホネホネを食べ終わるとハアハア言い出します。
そばに行ってしばらくヨシヨシしてあげるとようやくゴロンと横になり寝る体制に入るのですが、またすぐに起き出して場所替えをします。そしてまたヨシヨシ。そしてまた場所替え。。。。
その間なかなか離れる事はできません。
1〜2時間後ようやく寝始めます。
まるで眠たい赤ちゃんが寝れなくてぐずっているようです。
それでも今はできる限りミスティに寄り添ってあげる事が私たちの役目だと思っています。

ジャズが淡白なママだったので、ミスティとの親子関係に疑問を抱いていましたが、ミスティが如何にジャズに守られていたか、またミスティが如何にジャズに甘えて(頼って)いたかを思い知る事となりました。
ある本で「ペットが(言い方が好きではありませんが)ペットロスになる」と読んだことがありますが、正に今のミスティです。


またミスティはある意味13年間我慢の連続だったと思います。
生活はジャズを中心に回っていましたし、私たちも何はさて置いてジャズを優先にして、ミスティはいつも2番手でした。
それをすることで体の不自由なジャズの親としての、先輩としての立場を守ってあげようと思っていたからです。
その事にミスティは疑問を抱いたかもしれません。「私のほうが上よ」と言いたかったかもしれません。
でも私たちはそれを許してきませんでした。
ミスティはよくわかっていたと思います。
13年間よく我慢してくれました。
この先どのくらい時間があるかわかりませんが、これからは13年分愛情をかけていこうと思っています。
そしてこれからは「ミスティが一番です」。ジャズもそれは許してくれると思います。

まだミスティから目が離せませんが、落ち着くまでできるかぎりの愛情を注いで見守っていこうと思います。
 
- | - | -