News

*コメントは下方のLINKSからBBSにお願いします
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ミスティの変化 その2

IMG_7822.JPGIMG_7826.JPG

 

ミスティのトイレ事情も急変しました。

一週間前までは朝どんなに遅く起きてもトイレは必ず庭に出てからしていました。

もちろんその時々で家のすぐ前だったり、4〜5m、7〜8m先だったりでした。

ところが一週間前の朝、ミスティを起こすといつもの様にテコテコ(起き抜けで少しフラフラしていますが)とドアの方に歩いて行ったのですが、ドアの前でしゃがみこんで大量のおしっこをしてしまいました。

以前からドアの前にはトイレシートを敷いているので被害は最小限度に抑えられました。

日中は外に出てしてくれるので問題はなかったのですが、翌日の朝も同じことが起こりました。

そして5日前の朝とうとうカドラー(ベット)の中に大量のおしっこをしてしまったのです。

前夜からだいぶ時間が経っていたので(13〜14時間)量も臭いも大変なものです。

 

その日からトイレシートをつないでカドラーの中に敷き詰めてみましたが、とにかく30圓梁里妊ドラーの中を動き回るのですぐにグチャツチャになってしまい役に立ちません。

何度も試しましたが結果は同じでした。

ごはんの事やトイレの事で私も少々疲れていてイライラがミスティに向いてしまいました。

 

そんなことではこれから先どのくらい続くか分からない中で、私とミスティの信頼関係が崩れてしまうのだけは避けなければいけないと痛感しました。

その日からミスティには紙パンツをはかせることにしました。

嫌がるかと思いましたが、意外に抵抗することもなくおとなしく着けてくれたのでほっとしました。

おしっこの量が多いと吸いきれないこともありますが、私の気持ちも大分楽になりました。

これからの介護生活にしっかりと向き合わなければ…

 

ミスティ、お利口さんだったね💛

さすがジャズの愛娘ね!!(*^^)v

- | - | -

ミスティの変化 その1

IMG_7819.JPGIMG_7818.JPG

この2か月私の事情でブログを更新する事ができませんでした。

 

「ミスティの変化」と言うのは老化が進んだという事です。

8月に体調を壊してから急にごはん(カリカリ)を食べなくなってしまいました。

具合の悪い間は高カロリーの美味しい缶詰めやレトルトの総合栄養食をメインに食べさせていましたが、それまでカリカリも普通に

食べていたので完全に切り替えるのはまだ早いのでは…と思いカリカリと缶詰め(普通食)を混ぜ合わせて食べさせることにしました。

初めはカリカリと缶詰めを3:1、それに大好きなレトルトの馬肉入りの総合栄養食。2〜3日試してみましたが思うように食べてくれません。 

カリカリが口にあたるとそれだけを「プッ!」と出してしまうのです。

次 2:2に。まだカリカリが気になるようです。

次 1:3に。今までよりは食べますが最後の数口はどうしても缶詰めをぺろぺろしてしまうのでカリカリが残ってしまって見向きもしなくなります。

1:4、1:5に。やはり同じ結果です。

結局カリカリが少しでも入っていると食べたくないのです。

ただいくら缶詰めやレトルトがおいしくても、カロリーがカリカリの1/3しかないのでカリカリをやめて柔らかフードだけにすることはできません。

柔らかフードだけにすると量がとても多くなってしまうので途中で食べるのに疲れてしまうのもわかりました。

ここに到達するまでに1ッか月半ほどかかってしまいました。

ジャズは16歳5か月で亡くなる一週間ほど前まで、カリカリと5種類の野菜の水煮とレトルトフードを少しだけトッピングしたものを

美味しそうに食べる子だったのでどうしたらいいのか分からず試行錯誤の末ようやく辿り着きました。

 

そして一週間ほど前カリカリを赤ちゃんの時と同じ様にふやかして缶詰めなどと混ぜてみることにしました。

これなら大丈夫だろうと思い期待に胸を膨らませました。

ところがカリカリをふやかすと確かに膨らんで柔らかくはなりますが、プリンプリンしていて缶詰めと混ぜるとまたまたその食感が嫌な様でまたもやプイッと!!

結局ふやかしたカリカリをペースト状に潰すと食べることがわかりました。

今はこれで何とか食べてくれていますが、以前に比べるとカロリー的に少し減っているので心配です。

一日の殆ど寝ているのでそれでもいいのかもしれませんが…

 

それから一か月前あたりからごはんを食べている途中で急に外に目をやり中断してしまうようになりました。

初めは誰かの気配がするのかと思っていましたが、認知症の症状の一つだと分かりショックでした。

年齢を考えるとうなづけるのですが、ジャズが全くそういう症状がなかったので初めての事ばかりで戸惑います。

たとえ親子、兄弟姉妹でもその子その子によるのでしょう。

 

これからは刻刻と変わっていくであろうミスティにちゃんと寄り添っていこうと思っています。

IMG_7809.JPG

 

※私はジャズとミスティと一緒に寝ています。

ジャズは私と枕を並べて寝る子でしたが、ミスティはあまり一緒には寝ない子でした。

ところが最近はお布団を敷くと暫くの間ですが掛け布の上に移動して来るようになりました。

そのうち一緒に寝てくれる日が来るかもしれないと楽しみにしています。

 

- | - | -

久しぶりのワン友

IMG_7710.JPGIMG_7709.JPG

9月に入りようやくお散歩に行けるくらいの気候になりました。

ミスティは朝は起きる時刻がまちまちなので夕方だけお散歩に行っています。

嫌がることもなく「ミスティお散歩に行くよ!」と言うとカドラーから飛び出してきます。t

門を出ると後はミスティの気の向くままです。

クンクンしながらミスティの歩みに合わせてのお散歩なので時間ばかりかかりますが、これもおばあちゃんなので仕方ありません。

 

最近はジャズやミスティのワン友と会う事もめっきり減りとても寂しいです。

年齢的に遠出ができなくなり、お家の傍の公園などで済ませてしまう子が多いようです。

ミスティもジャズと13年間通っていた大きな公園に行けなくなり、家の周辺の小さな公園をはしごして終わってしまいます。

その時によって大通りの横断歩道が渡れたり間に合わなかったりなので、なかなか連れて行くのが難しくなってきました。

たとえ行けても「行きはよいよい帰りは…」です(>_<)

 

今日は横断歩道を渡る用事があったのでちょっと不安でしたが行ってみることにしました。

信号待ちをしていると、ジャズもよく知っているキング君(14歳)に久しぶりに会いました。

もともとはキング君のパパさんに可愛がって頂いていたのですが、最近はママさんともよくお会いする様になっていました。

今日もママさんに「ミスティちゃんどうしてるのかな?とみんなで話していたのよ〜」と言ってたくさんたくさんヨシヨシして戴きました。

暫くお互いに鼻と鼻を突き合わせて親交を深めて(?)いる姿がとても懐かしく、寂しいやら嬉しいやら複雑な心境でした。

青信号に変わったのでキング君に先に行ってもらうようにお伝えして、キング君の後から歩き始めるとミスティがキング君を追いかけるかのようにスタスタと歩き始め余裕で間に合ったではありませんか!!

「キング君ありがとう!」の心境でした(^^♪

帰り道、今度は久しぶりにパピーウォーカーのTさんにお会いしました。

「あら〜、ミスティ元気だったの〜???」と。

アービン君はもう9か月。年明けに盲導犬協会に戻るそうです。

今日はアービン君はお留守番だったのでとても残念でした。

今度はいつ会えるかな???

 

 

- | - | -

長寿動物表彰式

IMG_7706.JPGIMG_7705.JPGIMG_7707.JPG

秋晴れの今日(9月23日)大阪府、大阪市獣医師会主催の「大阪動物愛護フェスティバル 2017」が大阪市中央公会堂で開催されました。

これは大阪府の大型犬14歳以上、小型犬18歳以上、猫20歳以上の子たちが表彰されるものです。

 

今回ミスティは初めての参加となりました。(2014年、2015年にはジャズも表彰されました)

と言っても飼い主だけが参加するもので、ミスティは家でお留守番です(>_<)

でも今日はジャズ姉がお守りに来てくれたので、ミスティは嬉しい日になりました💛

今回は約250頭の犬猫ちゃんが表彰を受けました。

 

13時頃中の島中央公会堂に到着。

受付を済ませ中に入ると、もうたくさんの人が席についていらっしゃいました。

ここは重要文化財に指定されていて、中は重厚で落ち着いたとても趣のある会場です。

13時30分 セレモニー開始。

大阪府知事、大阪市長や各団体の代理の方のご挨拶の後、動物園の動物たちの健康管理についての講演(アドベンチャーワールドのジャイアントパンダ飼育担当の先生)

なかなか知る機会のないパンダの生態や出産シーンや子育ての様子等々興味深いお話で、ワンちゃんや猫ちゃんにも共通する事柄もあり参考になりました。

 

次に50音順に飼い主さんの氏名、動物(犬猫)の名前、飼い主さんが撮った可愛い写真とコメントが正面の大きなスクリーンに映しだされます。

どの写真もコメントも飼い主さんのたっぷりの愛情が感じられ、どれほど大切にされているかが伝わってきました。

24歳の最高齢の猫ちゃんが映し出されると会場内にどよめきが起こりました。

大型犬の最高齢は17歳の子(ゴールデンレトリバー)、小型犬は20歳の子(ミニチュアダックスフント)が壇上で表彰されました。

ミスティも目下の目標はママ(ジャズ)の歳16歳5か月です。

先日府大の先生にもまミスティの旅は続くと言われたので、ミスティとの生活を楽しみながら頑張っていこうと思っています。

その後質疑応答の時間が取られ、最後に大阪府の動物園の長寿動物が表彰されました。

16時閉会。

ロビーで記念品(表彰状と写真をプリントしたマグカップ)を頂きました。

そこへ主治医の先生とバッタリ!!

今日は休日なので奥様とご一緒に来られていました。

 

最近のミスティは後足の脚力が落ちてきましたが、お散歩は嫌がらずにゆっくり歩いています。

フードを食べるとき後足で踏ん張れないのか途中でカドラーに戻ってしまいますが、追いかけてスプーンで口に入れてあげると殆ど食べます。

これも先日の騒ぎの際甘やかせてスプーンで食べさせたのがキッカケになった様です。

フードは先日の熱中症?騒ぎで甘やかせてしまい、硬いカリカリはあまり食べなくなってしまったのでカリカリ、缶詰を半々(全体量の)、レトルトの総合栄養食を残りの半分にしています。

ジャズは最後の最後までカリカリを食べていたので、ミスティにはビックリです!!

 

ミスティ、また来年頑張ったご褒美が頂けたらいいわね!!

IMG_7691.JPGIMG_7687.JPGIMG_7689.JPG

一つだけ後悔が…

ミスティの顔がはっきり分かる写真にしたらよかったと。

黒ちゃんはなかなか表情が写りにくいので写真選びも難しいです。もしまた機会を与えられたら、次こそミスティの可愛いお顔(飼い主バカです)のアップの写真を出したいと思います。

 

 

- | - | -

精密検査

IMG_7668.JPG

週明けの9月4日、主治医の先生を通してお返事がありました。

予約が混んでいる為、11日午前10時30分からという事になりました。

この一週間でミスティの肝臓が急に悪くなる事はないのだろうか?と、とても心配しながらのなが〜一週間でした。

 

朝9時前にミスティを乗せて出発!!

途中ジャズ姉をpickupして、高速に乗り1時間強、少し早めに到着。

受付を済ませ2階へ。

5〜6組の患者?さんが待っていました。

調度10時半ころ呼ばれて診察室へ。

2年ぶりのS先生との対面。(3名の研修医さんと1名の助手の方が同席しました)

8月の体調不良の事からお話を始めました。

2年前のカルテを見ながら診察結果の確認。

今回の検査の説明(レントゲン撮影の後麻酔をかけてCTを撮る)

ミスティを置いて退室。

ミスティはストレッチャーに乗るのを嫌がるので歩いてレントゲン室まで行ったそうです(お手間をおかけして申し訳ございません<(_ _)>)

 

どのくらい時間が経過したか、S先生が呼びに来られて「今酸素室に入っています」と。

もうビックリしました!!

ミスティをレントゲン撮影の為に診察台の上に仰向けに寝かせて撮影を始めたらパニック起こして呼吸困難になったそうです。

舌もチアノーゼが出たので酸素室に入れて元にもどるのを待っているところだという事でした。

2年前も同じ事をしましたが何の問題もありませんでした。

とりあえずほっとしました。

ただこの状態で麻酔をかけてまでCTを撮ることは今日は選択しない方がよいのではないかと提案がありました。

もちろん同意です。

呼吸が落ち着いたら様子を見ながら、麻酔をかけずに横からCTを撮ってみるという事でした。

「お見せできる様な画像は撮れませんが、大体の事はわかります」と仰いました。

 

待合い室で待っていると再びS先生が。

今度は広いお部屋の奥に酸素室が置かれていて、ミスティが入れられていました。

入室して先生と暫くお話しているとようやく私とジャズ姉にきずき、ソワソワ始めました。

 

検査の結果をお話くださいました。

まず肝臓、すい臓、胆のう。脾臓はとてもきれいでなんの問題もありませんでした。

肺が線維化して少し硬くなってきている為呼吸が浅く、それで息遣いが荒くなるのだろうという事でした。

ただ寝ているときに口を閉じて呼吸も静かなら心配ないとのことでした。

ミスティは寝ているときはとても静かで時々息をしているか心配になるくらいですが、目を覚ました途端ハアハア言い出します。

背骨に変形性脊椎症とみられる症状がありました。背骨と背骨の間にブリッジがかかっています。

ジャズも晩年その症状がみられました。

レントゲン撮影をする時に仰向けで寝かされた時多少の痛みがあってパニックを起こしたのかもしれないとの事でした。

 

次に心臓ですが、2年前は拡張型心筋症の症状が少し見られたが(4歳の時そう診断されて以来心臓の薬を飲み続けています)、

今回は殆どその症状は見られない。

ただ4歳当時のカルテがないので、薬をやめてしまうのはリスクがある為そのまま続けることになりました。

心筋症が治ってしまう事があるなんて!!

 

血液検査の結果

ALT(GPT)1000以上→179IU/ℓ

CRP    3.5mg/dl→0.54mg/dl

一番心配だった数値が下がっていました。

ALTは時には風邪でも上がることがあるそうですが、今回の1000以上はやはりかなり高めで何かが起こっていたとしか考えられない

という事でした。食べてはいけないものを食べて中毒症状を起こしてたとか…

35項目中5項目数値が高めのものもありましたが、突出した数値ではないので特に問題ないそうです。

おでぶちゃんですが血糖値も上々でした。

 

病院に向かう朝、車の運転中、検査を待っている間、とても気持ちが重く、「何か重大な事があったらどうしよう」と思っていたので、急に緊張の糸が切れて涙が溢れました(もちろんジャズ姉もです😢)

そして今日検査に来て本当に良かったと思いました。

とてもシャイな先生が最後に一言「ミスティちゃんの旅もまだ続きますから、(とここまで聞いて「わー、なんていい事言って下さるのだろう!」と目が・になった瞬間)飼い主さんも心を鬼にして少しダイエットさせましょう!!(え〜、そこですか!!)」ですって(>_<)

 

お話が終わると先生が酸素室のロックを開けると、今まで遠慮気味にキャンキャンないていたミスティが私たち目掛けて飛び出して

きたので、また息が上がってしまいました。

しんぱいした先生が「待合室で少し休憩して息を整えて下さい。また様子を見に行きますから」と仰って頂き、部屋を出ました。

廊下で先生がミスティの様子を見ながらお見送りしてくださっていると、ミスティが急に立ち止まってトコトコと先生のところまで戻って行き、何か訴えているように先生をジ〜ッと見上げていました。

先生に「ありがとう!」と言いに行ったのか「よくも痛いことしてくれたわねぇ!」と言いに行ったのかは定かではありません(笑)

帰りは午後3時ころになりました。

ミスティは車の中であまり飲み食いさせないほうがいいと先生に言われていたので、少しだけおやつを食べて牛乳を飲むとアッという間に寝てしまいました。

ミスティ、本当にお疲れさまでしたね。怖かったね、不安だったね!!

帰り道は気分も軽く、あっという間にジャズ姉のマンションに到着。

ふたりで暫く幸せ感に浸っていました♡

 

ミスティは帰宅後鶏スープを飲んで夜中まで一気に寝ました(^^♪

 

ミスティ、これからは毎月血液検査するよ(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

- | - | -

血液検査

IMG_7667.JPG

8月中旬、ミスティが急に体調を崩し2日後に何とか回復し、その原因が熱中症だったかもしれない(?)と

いう事に落ち着いたものの何かスッキリしませんでした。

見た目確かに元通り元気なのですが、1日2回の食事を残したり、朝夕のどちらかしか食べなかったり、日によっては

1日中食べなかったりと食欲にとてもむらが出ていました。

もともとあまり食いしん坊さんではありませんが、こんなことは初めてでしたし毎日が酷暑でしたので、体力的な事が

とても気になっていたので9月1日点滴と血液検査をする為に主治医の先生の所に行きました。

いつも診察台に乗る時先生が抱っこしてくださるのですが、ミスティはとても怖がりなのでバタバタとえび反りの様に

なって嫌がります。

体重測定(31、5K)、血液検査。これがまた大騒動でした。

大騒動ついでに点滴。診察台から飛び降りそうな勢いのミスティを4人がかりで抑えてなんとか終了しました。

 

血液検査の結果が出ました。

血球検査は赤血球数が若干少ない他は全て異常なし。

 

血液生化学検査に問題が見つかりました。

T-Bill(総ビリルビン)、GOT(アラニン、アミノトランスフェラーゼ)、GPT(アスパラギン酸、アミノトランスフェラーゼ)、

ALP(アルカリフォスファターゼ)、CRP(C反応性蛋白)など肝臓に関する値が全て高めの数値でした。

特にGPT基準参考値17〜78U/I→1000以上(前回は58)

100や200を超す事はあるが、1000以上はなかなかないそうです。

T-Bill基準参考値0.1〜0.5mg/→4.4

GOT基準参考値17〜44U/I→236(前回40)

ALP基準参考値78〜254U/I→482(前回164)

CRP基準参考値 〜0.7mg/dl→3.5(前回0.3)

 

この結果から肝臓にかなりの問題があり、ここまで数値が高いと言う事は肝臓癌の疑いもあるかもしれないという事でした。

ショックでした。

考えたくありませんでした。

あんなに元気なミスティが肝臓がんだなんて!!

でも今ミスティの体の中で何が起こっているのかちゃんと知りたいと思いました。

2年前も行った大阪府立大学付属獣医診療センターのS先生に予約を取って頂く事にしました。

S先生は循環器専門の先生で、主治医の先生の大学の後輩にあたる方です。

 

帰りの車中で「もっと頻繁に血液検査をすればよかった(後の祭りですが)。

ミスティはジャズの二の舞を踏まないようにしようと思っていた筈なのに、これでは同じ事の繰り返しで何も学習してないじゃないか!! ジャズに申し訳ない…」という思いが頭の中をグルグルと巡っていました。

 

あいにく週末だった為、S先生は講演などの為連絡がつかず週明けのお返事を待つことになりました。

- | - | -

熱中症??

今年は8月になると暑さは益々酷くなり、36度や37度という日が続きました。

ミスティはお昼間はビクともしないで寝ていて、時々不安になって鼻先に耳を近づけて息をしているのを確認するほど

ですが、なぜか夜11時ころから起き出して何度も外にでます。

まるで昼夜を取り違えた赤ちゃん見たいです。

8月11日ようやく私が寝付いた2時頃、ミスティがゴソゴソしている音に気が付き目をさますと案の定外に出たがっていたのです。

ミスティはいつも出てから暫く戻ってこないのですが、戻ってきてドアを開けないと大抵キャンとなくので私はゴロリと横になりました。

どのくらい経ったか分かりませんが、まだ起きていた娘が二階から降りてきて「ミスティが外でないてるよ」と。

私は飛び起きてドアをあけました。

勿論暑い外にいたのですから息は相当上がっていました。

私はミスティに薄めた牛乳を多めにあげてから「ミスティねんねよ!」と言って横になると、すぐに眠りに落ちてしまいました。

その後ミスティがどのくらいハアハア言っていたか分かりません。

 

翌朝娘に前夜はどのくらいないていたのかと聞くと「4〜5回くらいないたけど、家に入れる様子もなかったので夜中という事もあり近所迷惑になってはいけないとすぐに知らせに降りた」という事でしたのでほっとしましたが、今更ですがタオルケットを濡らして

体にかけて冷やしました。

その朝ミスティはいつもの如くお昼近くになっても起きなかったのですが、所要があったので無理矢理起こしておやつをもって母屋に預けに行きました。

30〜40分後に帰り、ミスティを連れて家に戻りお昼のパンを食べさせようと用意をしている間に寝てしまいました。

ミスティは家が一番好きなので、いつも預けられるととてもストレスを感じて疲れてしまう弱虫さんです。

「食べるより寝たかった(無理矢理起こしたので)のかなあ」と思いそのまま寝かすことにしました。

勿論濡れたタオルケットとアイスノンで冷やして。

 

何度か起き上がって寝る体制を変えてはいましたが、とにかく何も食べたがらずねてばかりいました。

10時になっても11時になっても目を覚ます気配もなくだんだん不安になってきました。

この体ですから2〜3日食べなくても大丈夫と思いましたが、水分を長時間摂っていなかったので熱中症が頭をよぎりました。

いつもならどんなに寝ていても「ミスティ!」と呼べば大抵何か反応してムクッと起き上がります。

ところが何度呼んでもビクともしません。体を揺すってもたたいても、耳の傍でなんどよんでも何の反応もありません。

不安は益々大きくなり兎に角水分を取らせようと脱脂綿に水を含ませて(注射器がなかった45ので)口元に流し込みますが飲み込んでくれません。

起き上がらせようと抱きかかえても体がグニャグニャでどうにもなりません。

私は前夜の事が頭を過りました。

不謹慎ですが、私はこのままミスティが目を覚まさなかったらどうしようと本気で思いました。

2時間ほど呼んだり揺すったりたたいたり、脱脂綿で水を含ませたりを繰り替えしているとようやくミスティに反応が出てきました。

ようやくミスティが覚醒してきたので大好きなウエットフードを鼻先にもっていくと袋の中に口を入れようとしたので急いで食べさせるとムシャムシャ食べ始め、あっという間に2袋食べてしまいました。

その後大好きなささみを食べて、鶏スープも飲んで一安心。

なんと13時間ぶりの水分です。

ところが再びスースーグーグー寝始めてしまい、翌朝(14日)また呼べど揺らせど叩けど何の反応もしなくなってしまいました。

暫く様子を見てミスティに反応がなかったら救急病院に連れて行こうと思っていると、10時頃になって突然目を覚ましました。

夜中に比べると表情も動きもはっきりしていたのでウエットフードを持っていくとフガフガいいながら凄い勢いで食べてお水も牛乳も沢山飲みました。

そして立ち上がり何事も無かったかのようにカドラーをまたいでスタスタと歩き庭に出ていきました。

20時間ぶりのトイレです。

濃い色のがたっくさん出ました。

 

トイレを済ませて戻ってきたミスティを思わず抱きしめてしまいました。

涙が溢れて「ミスティ、ごめんね」と思わず声がでました。

本当に良かった。

軽い熱中症だったのかもしれません。

 

その後は嘘のように元気になりほっと胸をなで下ろしました。

お盆が開け病院に連れて行って先生にお話しすると、日が経ってるので断言はできないが熱中症だったたかもしれないという事でした。

今年の暑さは尋常ではなかったのに不注意でした。

 

この数日ようやく朝夕涼しくなってきました。

今日はひと月半ぶりに家の周りをお散歩しました。

ほんの20分ほどでしたが、ミスティはとても嬉しそうにクンクンクンクン!

これからはまたお散歩が再開です。

おばあちゃんなのでボチボチですけど(^^♪

IMG_7620.JPGIMG_7615.JPG

- | - | -

この夏のミスティ

IMG_7514.JPGIMG_7611.JPG

この夏は連日の猛暑日で、ここまで暑かった夏はミスティが生まれて以来初めてだったかもしれません。

日中は35、36度が当たり前、夜になっても29度30度でお散歩に行けるような日は一日もありませんでした。

ミスティは15歳のおばあちゃんなので、せめて一日一度でもお散歩に連れて行かないと脚力が落ちてしまうと

気持ちはかなり焦りました。

 

軽度とは言え拡張型心筋症のミスティに無理をさせることはできず、一日に数度トイレ(気分転換もあるかもしれませんが)

に庭に出るだけの毎日でした。

あまりに心配で主治医の先生にお散歩に連れて行かなくても大丈夫かと伺うと「○○さん、一度止まった心臓は

二度と動きませんよ!」と恐ろしいお返事が返ってきました。

 

この2カ月は食欲にも波があり、朝機嫌よく食べたと思っていると夜は見向きもしなかったり、朝晩普通に食べたりと

食事の時間になると内心ドキドキしていました。

生まれてから今まで同じメーカーのフードを食べ続けてきたので味に飽きてしまったのかもしれないと、

蒸したささみを細く割いてトッピングするとまたガツガツと食べてくれました。

ほっとしたのもつかの間、数日するとまたそれにも見向きもしなくなってしまいました。

そこで再度トッピングを変えてみることに。

以前からお気に入りの(人の食材で作ったウェットフード。馬肉、鶏肉、イワシの総合栄養食)を

トッピングしたところ、勿論大喜びでフガフガ言いながらガツガツ食べました。

3種類を交互にトッピングするのでしばらくは飽きることもありませんでした。

 

ハアハア言う息使いは相変わらず激しくて、エアコンを25度設定にしても治まりません。

私たちは長袖の羽織り物を着てレッグウォーマーをはいて防寒しなくては一日中そこには居れません。

時々クーラーのついてない部屋に避難して体を温めます(暑い部屋が気持ちがいいくらいです)

寝ている時はスースーと気持ちよさそうですがそれも長くは続かず、すぐにハアハアが始まります。

暑さから来ているのか?心臓から物のなのか?分からず、あまりの激しさに私の法がイライラすること

もあり他の部屋に移動したい気持ちはあっても、私が部屋から居なくなると不安で更にハアハアが

激しくなるのでそれもできず、ただただ忍耐でした。

7月の末近況説明と心臓とフィラリアのお薬を頂きに病院に行きました。

特に異常はありませんでしたが、ハアハアが激しいのはやはり心臓からくるものだろうという事でした。

 

 

 

- | - | -

あれから2年

IMG_7558.JPGIMG_7557.JPGIMG_7551.JPG

ジャズが私の許から居なくなって2年が経ちました。

長かった様な短かった様な、でもやっぱり長かった様な気がします。

 

8月2日深夜、急におしっこの出が悪くなって主治医の先生の所に飛んで行ってからの一週間の事ははっきり思い出せません。

主治医の先生、救急病院、時間外の為に初めて行った動物病院…

刻々と変わる病状にただアタフタするばかりでした。

時間が経てばたつほどその思いは強くなり、ジャズには本当に申し訳なかったと思う日々です。

どうしてもっと早く気が付いてあげられなかったのだろうとそればかりを思う毎日です。

今更何を思ってもどうにもならない事ですが…

 

一つだけはっきりしているのは、ジャズに出会えて本当に良かったという事です。

ジャズが交通事故に遭って下半身不随になったことはジャズにどれ程の苦痛を不自由さを味わわせてしまったか

知れませんが、ジャズと一緒に過ごした濃密な時間は何にも代えがたいものです。

ただもう少し、いいえもっともっと甘えさせてあげたかった。

機能回復を思うあまりに、ジャズの気持ちそっちのけでそのことに取り組んできたのではないか???

その思いを拭い去ることはできません。

 

先週の日曜日(6日)に動物霊園で月並み法要が行なわれました。

去年はジャズ姉と一緒に参加してお参りをしてきましたが、この夏の連日35度超えの猛暑とジャズがいなくなってから

ジャズ姉の体調がすぐれないので今回はお寺の方でお参りをして頂きました。

またお彼岸の頃でも一度お参りに行くつもりです。

一昨日、法要の様子を収めた写真が送られてきました。

涙が溢れて直視することはできませんでした。(今は少し落ち着いています)

 

また8日にはルネママさんが猛暑の中、早めのお参りにいらして沢山のお菓子をお供え下さいました。

ルネママさんもルネちゃんが居なくなってから(3年8カ月前)長い間苦しまれました。

まだ完全には戻っていらっしゃいません。

久しぶりにひとしきりルネちゃんとジャズの思い出話をして楽しい時間を過ごしました。

ミスティも大好きなルネママさんに大喜び!!

たくさんヨシヨシしてスキンシップもして頂きました。

帰ったらルネちゃんに叱られそうなくらいに。

 

今日は朝からフラワーショップのママさん、午後からジャズが家族の次に好きだったYさん、そして夕方からジャズ姉が

お参りに駆けつけて下さいました。

ジャズの前は美味しいおやつでいっぱいになりました。後でミスティのお口に入るのですが…(^^)v

そしてM夫妻から立派なお花も届きました。

ジャズは本当に幸せ者です。

ありがとうございました。

 

ジャズは私には出来過ぎた子でした。

そんなジャズに引き合わせて下さった神様(もしいらっしゃったら)に心から感謝です!!

ジャズ、もう一度お母さんの所に来てくれないかなぁ💛

1311.JPG1312.JPG1326.JPG771.JPG

ある日ジャズ姉が野菜の水煮(キャベツ、大根、人参、サツマイモなど)を作っていると、急にジャズがジャズ姉の所に移動して、お野菜をくれるまで傍にくっついている時の食いしん坊ジャズ。

ルネ君、ジャズ、ミスティとお散歩の途中でおじさんからゆで卵を頂いて、ルネママが三等分しているのをじ〜っと待っている食いしん坊軍団!!

781.JPG1083.JPG

おもちゃやぬいぐるみと格闘して征服した得意顔のジャズ。

 

915.JPG1173.JPG

ペットボトルのキャップ外しや牛乳パックをぐちゃじゅちゃにするのが大好きでした。ちなみにペットボトルのキャップは飲み込んでしまうので、キャップを口から出したらご褒美をもらえる事になっていました。

 

9043.JPG

時には広告の紙などを両手抑えて必死ちぎっていいした。ストレス解消かな?

 

1933.JPG1934.JPG1710.JPG

庭に落ちていた蝉の抜け殻を台の上に置くと、びっくりしてちょっと飛びのいた後どうしても気になりこわごわ近づいてじ〜っと見つめるジャズ。

ジャズ姉が持っている小さいぬいぐるみに威嚇するジャズ。敵だと思っているのでしょうか?

 

1798.JPG1945.JPG

私がソファに座ると自分もソファに上がり抱っこをされるのが大好きで、1〜2時間は膝に乗って遊んでいましたが、その内コックリコックリ始めるのがお決まりでした。ジャズも私も幸せな時間でした💕

 

- | - | -

ハッピーちゃん ありがとう💛

IMG_7477.JPGIMG_7473.JPGIMG_7475.JPGIMG_7476.JPG

7月22日 ハッピーちゃんがお星さまになりました。

7月23日 朝9時ころ携帯がなりパパさんから連絡がありました。

パパさんの声を聞いた瞬間嫌な予感がしましたが、それが当たってしまいました。

 

ハッピーちゃんはミスティの9匹兄妹の内の黒ラブの女の子です。

黒ラブは男の子1匹、女の子3匹生まれましたが、その中で一番小さく生まれたのがハッピーちゃんです。

内では「黒ちびちゃん」と呼んでいました。

 

活発で食欲旺盛な女の子で、こい茶ちゃん(るるちゃん)、しろちびちゃん(ラブちゃん)に続き3番手でした。

ハッピーちゃんのお家にはもともと黒ラブの男の子がいました。

ある日ジャズといつもの公園をお散歩していると、背の高い黒ラブちゃんに会いました。

名前はラック。ラックはとてもおとなしい落ち着いた子で、優しそうなママさんと一緒でした。

ラックはラブにしてはあまり人にもワンコにも興味がなさそうでした。

その日を境に毎日公園で会うようになり、ラックのママさんはジャズをとてもとても可愛がって

下さいました。

それから1年ほどしてジャズが2歳半になった頃、私はジャズに子供を産ませる事にしました。

その話をママさんにすると「ジャズの子だったら是非ほしい」と言って下さいました。

そしてジャズは3歳になってすぐに9匹のお母さんに。

生まれて1カ月ほどしてラックのママさんはご主人と待ちきれずに子供達に会いにいらっしゃいました。

一目で黒ちびちゃんを気に入られ、予約をして帰られました。

 

明日引き取りにいらっしゃると言う日の前日、黒ちびちゃんは大きな声で鳴きすぎて声が出なく

なってしまったのです。

かすれた声しかでません。

ジャズ姉とも相談して「黒ラブは特徴分かりにくいから他の子と変えようか!」等真剣に話したりもしました。

勿論そうもいかず正直に話すことになりましたけど。

声がかすれた原因はご飯の時間になき過ぎたという事なのです。

子供たちは2m四方のサークルに入っていたのですが、ご飯の時間になると黒ちびちゃんが先頭を切って

サークルの角に立ちあがり、キャンキャンなきながらご飯の支度をしている私の所目がけてサークルごと

移動させる程元気な子でした。

子供達の所にいらしたご夫妻は直ぐに黒ちびちゃんが分かりました。

事の次第をお話しすると「それくらい元気な子の方がいい!」と言って笑い飛ばして下さいました。

やれやれです。

 

それから黒ちびちゃんは「ハッピー」と名付けられ、優しいパパさん、ママさんとラックの元で

幸せな15年間を過ごしました。

ジャズが亡くなる少し前(2年前)まで時々お散歩で会っていましたが、私の姿が見えると相当前から

ピョンピョン跳んで大変な騒ぎになりました。

そんなですから幾つになっても2〜3歳にしか見えず、本当にかわいい子でした。

家でもラックに威張ってかなりやんちゃをしていたそうですが、ラックは一度も怒ったことはなかったそうです。

 

そんなハッピーちゃんですが、去年の1月あたりから足が急に弱り始め、あっという間に歩けなくなったそうです。

その内膀胱炎も発症し、お薬を飲んだりやめたりして様子をみていたそうですが、最近はずっと飲んでしたそうです。

食欲も少しずつ落ち、好きなものだけしか食べなくなり、ママさんは来る時が来たかな?と思ったそうです。

最後の1週間ほどは日に日に食べ物もうけつけなくなりましたが、苦しむこともあまりなく

パパさんとママさんの腕の中で眠るように息を引き取ったそうです。

 

途中どんな事があっても、最後を腕の中で迎えさせてあげられるのが一番幸せな事です。

ジャズもそうでしたが、結局最後を病院で迎える子が多いのではないでしょうか?

 

ハッピーちゃん、パパさん、ママさんの大きな愛に包まれて、本当に幸せな15年間だったね💛

これからはお空の上からパパさん、ママさんを見守ってあげてね。

お空のうえではジャズやラック、兄妹が待ってるから迷わす行ってね。

ハッピーちゃんのこと決して忘れないよ💛

 

ハッピーちゃん、ありがとう💕

 

今日荼毘に付されました。

- | - | -